よくある質問Q&A
ご質問の多い相談と回答(FAQ)をまとめました。
それぞれの質問をクリックしていただくと答えのページにとびます。
Q1. 天珠(てんじゅ)はパワーストーンの100倍のパワーがあると云われているそうですが本当ですか?


A1. 天珠はチベットの宝珠で、チベットの高僧は、天珠を持って瞑想したり、護身用として常に身に付けています。天珠によってランクがあり一概に言えませんが、品質が良くパワーが強い天珠は素晴らしく開運パワーがあると人気があります。
上に戻る
Q2. 天珠(てんじゅ)、木珠(もくじゅ)の使い方は?


A2. 天珠、木珠には、穴があいていますのでアクセサリー(ネックレス、ブレスレット、ストラップ、ピアス、指輪)などにして身につけてください。
自ら細かく制作できない場合や、ホームページに載っていないオリジナルアクセサリーも制作可能です。
「天珠自体は、気に入っているけど、サイズが大きくアクセサリーにできない」という場合は以下の方法でご利用されています。
☆巾着袋に入れて鞄やポケットに入れ持ち歩く
☆観賞用として、家に飾る(その場合、水晶クラスターの上や台座に載せる)
トレジャー瑪瑙の中に入れてパワーを倍増させる
☆瞑想(めいそう)に使用する
上に戻る
Q3. 天珠(てんじゅ)・木珠(もくじゅ)の産地はどこですか? また、産地によって違いがあるのでしょうか?


A3. 産地によってパワーが違いますが、原石の品質、潜在パワーにより変わってきます。木珠と、上肯竜紋天珠(じょうこうりゅうもんてんじゅ)朱砂老礦石天珠(しゅさろうこうせきてんじゅ)老玉髄天珠(ろうぎょくずいてんじゅ)の産地はヒマラヤ山脈です。
神聖な山で非常に地場が強い良好な原石が数多くあります。
至純天珠(しじゅんてんじゅ)の産地はほとんどがブラジルになります。
天珠に使用できる原石は限られており、パワーストーンとして出回っている原石とは全く違います。その原石からわずかな量しか取れない良質な部分を切り取られ天珠に加工されます。
原石の時点で品質が安定し最良のものを提供できますが、至純天珠のみ不安定な瑪瑙です。 よって、潜在パワーが良くても品質が良くなるとは限らず、品質、パワーを兼ね備えたAAA以上の至純天珠は、数に限りがあり手に入らないのです。
上に戻る
Q4. 天珠アクセサリーはたくさん身に着けてもいいの?


A4. 「神様同士が喧嘩するから沢山のお守りを持ってはいけない」と日本ではよく云われます。
本来、日本では、非常に自然崇拝などから発生している神様が多く、「粗末に扱えば祟りがある」と考えられている為ではないでしょうか?
天珠とは、チベットのお守りであり組み合せるごとにパワーが増します。
その一つ一つの天珠に感謝し、愛情を持って接することで天珠がより輝きを増します。大事なのは、天珠を身に着ける所有者がどう天珠に接するかです。
上に戻る
Q5. 天珠(てんじゅ)を隣り合わせにしてはいけないってホント?


A5.  チベットには、天珠だけを連ねたネックレスがございます。しかし、しっかりと天珠と天珠の間には紐の結び目を入れており、天珠同士が隣り合わせでぶつかることはありません。林氏の著作を見ましても天珠と天珠の間には結び目か天然石を入れています。
もしかすると、天珠のパワーの衝突を避ける為かも知れません。
上に戻る

Q6. 天珠(てんじゅ)ブレスレットを2本以上着けても大丈夫?


A6. 大丈夫です。現地のチベット人は天珠ブレスレットや天珠ネックレスを何本も身につけています。
ただ、沢山身に着けて重いと感じる場合は、外したほうがよいでしょう。
上に戻る
Q7. 天珠(てんじゅ)の色の変化はどうしてなるの?


A7. 天珠は、古代のチベット人達の知恵により人工的に造られた産物です。
人間の体温は36℃前後あるのでアクセサリーとして身に着ける限り、常に体温の熱を加え続けていることになります。
その体温が影響し、天珠の表面や色の変化がでると云われています。
「天珠が身代わりになってくれた!」というお客様にお伺いすると、身に着けていた天珠の一部分の色が変わったなどご報告が多く、びっくりしております。
上に戻る
Q8. 天珠(てんじゅ)を身につけていたら朱砂(しゅさ)が現れた!という話を聞いたことがあるのですが本当ですか?


A8. 本当です。朱砂は古代チベットの老天珠(ろうてんじゅ)にみられる現象で、天珠を大切に扱い、念ずることで朱砂が現れることがありえるのです。
特に、チベットの高僧など徳の高い人が持てば、朱砂の広がりが驚くほど早く現れるそうで、朱砂のある天珠を持つことが最大の誇りであるとお聞きしました。
上に戻る
Q9. 天珠(てんじゅ)が割れたら(欠けたら)どうしたらいいの?


A9. 何らかの原因があったにせよ、その天珠の役目は終わったと考えられます。「ありがとう」と感謝の気持ちを込め、土に返してください。割れた天珠の変わりに新しい天珠で作り直しても問題ないので、引き続き大切に接してあげてください。
上に戻る
Q10. 天珠(てんじゅ)ネックレスを肌につけても大丈夫?


A10. 大丈夫です。天珠は人間の体温が非常に心地よく人間から微量に出る油により常に悪い運気を吸収し、良い運気を放出してくれます。
可能ならば、直接肌に接するほうが良いのです。
なぜかネックレスは直接肌に着けてはいけないと心配される方が多いのですが、まったく問題ございません。
現地のチベットの方に聞いてもそのような返答はありませんでした。
上に戻る
Q11. 天珠(てんじゅ)を水につけても大丈夫?


A11. 多少の水なら問題ありませんが、現地のチベット人曰く、天珠は本当に神聖なものであるから汚れた水(台所での水洗いやお風呂)につけることはもちろん、トイレに行くときも外して行くそうです。
めまぐるしい現代生活の中で徹底できない場合は、水にかかったら乾いた布できれいに拭いてあげるだけでもかなり違います。
上に戻る
Q12. 天珠(てんじゅ)アクセサリーを身に着けて台所での作業や風呂掃除など身に着けていてもパワーダウンしないでしょうか?


A12. 水は気を伝染する性質があり、悪い気が伝染すれば、パワーダウンします。基本的にあまり良くないので、水洗いなどの作業をする時は外されるほうが良いでしょう。もし、水に浸けてしまった時は、柔らかい布などで拭き取り、浄化作業をお願いします。丁寧に扱うと天珠も喜び、きっと貴方の味方になるでしょう。
上に戻る
Q13. 天珠(てんじゅ)はどうやって選べばいいの?


A13. ☆「意味関係なく直感的」に選ぶ方法は、パワーを感じる天珠を直接選ぶことです。本当は手にとって選ぶのが一番良いですが、紋様から発せられるメッセージを右脳で捕らえることです。
☆「描かれた紋様に込められた意味」で選ぶ方法は、天珠の意味を一通り知ってから今の自分に必要な天珠を選ぶと良いでしょう。
☆「干支」によって選ぶ方法もございます。
干支で選ぶ際や、どうしても選べない場合はお気軽にお問い合わせください。
あなたが必要としている天珠をOVER−9が一緒に選びたいと思います。
上に戻る
Q14. 天珠(てんじゅ)の材質は何で出来ているの?


A14. OVER−9で扱っている天珠の原石は全て瑪瑙・カルセドニーですが、その中でもランク分けがあり品質が良いものほど珍しく、価格が高騰します。
至純天珠の原材料は主にブラジル産の綺麗な半透明な瑪瑙を使用しています。
上肯竜紋天珠の原材料は瑪瑙の中でもヒマラヤ産カルセドニーを使用し、粒子が細かな非常に安定してパワーのある原石です。
老玉髄天珠はヒマラヤ産カルセドニーの中でも古い地層にある最高ランクの材質を用い、なかでも朱砂老礦石天珠は朱砂が多く出る大変珍しい原石で造られた天珠です。
上に戻る
Q15. 天珠(てんじゅ)のランク分けってどういう事?


A15. 少しでも沢山の天珠を体験していただくように品質、パワーに応じてOVER-9ではよりお求めやすくランク分けをしております。
パワーが強く綺麗な天珠はその分値段が高いのですが、プレゼント用や色々な天珠を試したい場合はランクを落とせばお求めやすい価格になり大変便利です。
上に戻る
Q16. 天珠(てんじゅ)を人にプレゼントしても大丈夫?選び方は?


A16. 問題ございません。むしろ、ぜひプレゼントしてあげてください。 「こんな風になって欲しいな」、「あの方にはきっとこの天珠がいいな?」と選んであげてください。
大切なのは、あなたがプレゼントされる方に対して喜んでもらえると心を込めてプレゼントしてください。
きっと、あなたのハートは届くはずです。ラッピングのサービスもさせていただきますのでお問い合わせください。
上に戻る
Q17. 天珠(てんじゅ)のパワーが強すぎて身に付けられない人っているの?


A17. 中にはおられる方もいます。聞いた話では選んだ天珠の出所が怪しい「老天珠」として手に入れた天珠を身につけ、「違和感があり本能的に身に着けたくない。何か気分が悪くなる」とご相談があります。
OVER−9の天珠は老天珠ではなく全てお客様が始めての所有者になるのですが、色々な人の手に渡って手に入れた天珠は、パワーに満ち溢れた天珠とは違う形相をしているそうです。
あまり、怪しい安すぎる老天珠、アンティークに手を出すのはご遠慮されたほうがいいかと思います。
上に戻る
Q18. 天珠(てんじゅ)アクセサリーは睡眠時に身につけてもいいのでしょうか?


A18. 特に問題ありませんが、天珠も願いを込められた生き物ですから、休息の意味も込めて、睡眠時には、水晶クラスターの中に休ませることをお勧めしております。
朝起きて、天珠ブレスレットを身に付ける時は、ものすごくリフレッシュした感じが伝わると思います。
上に戻る
Q19. 天珠(てんじゅ)を触っていたら温かくなった。大丈夫?


A19. 天珠は、鉱物の瑪瑙を原石とした宝珠です。良い天珠は、握ると体温で上昇した気が天珠に宿り、天珠の表面に汗をかくと云います。
この天珠が温かく感じることは、天珠のパワーを感じる第一歩です。天珠と仲良くなることで、共鳴することができ天珠と一体になれるのです。
身に付ける前に、天珠が温かくなっているか確認し、握りながら願いを込めると良いでしょう。
上に戻る
Q20. ヒビが入った天珠(てんじゅ)と龍の鱗がある天珠はどう違うのですか?


A20. 基本的にヒビは欠陥品ですが、上肯竜紋天珠朱砂老礦石天珠の龍鱗紋様には、龍のパワーがあります。
上肯竜紋天珠は、瑪瑙よりも上質なカルセドニーで造られます。古代のチベットでは、瑪瑙よりもパワーがあるカルセドニーによって天珠を造られたと伝えられています。 しかし、材質が安定していない瑪瑙で同じような龍鱗紋様を造ると、手で触ってもひっかかりができるような、ただのヒビになってしまい、龍鱗紋様どころか使うとヒビが大きくなり割れる可能性が多いのです。
粒子が細かいカルセドニーだからこそ滑らかな龍鱗紋様で伝わるパワーが強いのです。
上に戻る
Q21. ブレスレットを作ろうと思うのですが、何かアドバイスをお願いします。


A21. まず、メインの天珠を決めることから始まります。パワーストーンはあくまでも補助的なものであり、天珠がブレスレットの大きな意味になるのです。
メインの天珠を決めると、小型天珠の組み合わせや、パワーストーンの種類、サイズ、色合いを総合的に決めていきます。
組み合わせやメインの天珠がわからない場合はぜひ、お問い合わせください。
上に戻る
Q22. 天珠(てんじゅ)の大きさによってパワーの差はありますか?


A22. 同じ種類の天珠の場合は、大きさによってパワーが違います。
大きな原石にはそれに見合う潜在パワーがあり大変希少価値が高いのです。
また、アクセサリーではなく部屋に飾るための大型天珠もございます。
上に戻る
Q23. 「財神木珠」(ざいしんもくじゅ)と「天神木珠」(てんじんもくじゅ)はどう違うの?


A23. 豊かになる様に込められた願いは同じですが、天神の紋様と、財神の紋様の印象や伝わり方により、好みもあり、好きな方を選ぶと良いです。
上に戻る
Q24 .財神天珠(ざいしんてんじゅ)の「財神」と、財神木珠(ざいしんもくじゅ)の「財神」は同じ神?


A24. ルーツをたどると同じ神様かも知れません。
特に中国での財神様の信仰はすごく、お店の玄関やレジ前には必ず財神様が飾られています。
上に戻る
Q25. 天珠(てんじゅ)紋様の違いによってご利益の違いはあるのでしょうか?


A25. 2500年もの昔、古代チベット人は天珠にそれぞれの意味を込めて造ったと云われています。まったく同じ意味が無く、込められた想いも違います。
これらは、仏教的な独特な紋様で、非常に興味深く人々を魅了し続けています。どのようなアクセサリーを作るかにあたって天珠を悩まれている時は、OVER-9がお勧めの天珠をご相談させていただきます。
上に戻る
Q26. 天珠(てんじゅ)のパワーの寿命や有効期限はあるのですか?又、パワーの回復及び増幅の方法はありますか?


A26. 天珠には有効期限はありません。自然界の天然石(瑪瑙・カルセドニー)は大自然が何万年という年月をかけて造られた産物です。しかし、天珠はただのアクセサリーではなく、悪い運気を吸い取り、良い運気へ好転させてくれると云われる宝珠なので、常に浄化してあげたりしないとパンクしてパワーが無くなってしまいます。
浄化は水晶クラスターで、パワー増幅はトレジャー瑪瑙の使用をお勧め致しております。
上に戻る
Q27. ブレスレットのサイズはどう選べばいいですか?


A27. OVER-9のブレスレットは、手首周りに合せてサイズを表記しております。手首周り16cmの方は、ブレスレットサイズ16cmをお求めください。
詳しくはこちら!
上に戻る お問い合わせ